コンサート情報




PDF

2018年7月7日(土)
BIG BAND FESTIVAL 2018 Vol.20

開場14時00分 開演15時00分(終演予定17:30)

出演者

角田健一ビッグバンド(since 1990) / 見砂和照と東京キューバンボーイズ(since 1949) / 森 寿男とブルーコーツ(since 1946) / スペシャル・ゲスト:シルビア・グラブ(vo) / MC & Vo:森口博子 / 合同演奏(編曲):前田憲男


Event Info

公演名 BIG BAND FESTIVAL 2018 Vol.20
日本最大級のビッグバンドの祭典が本年、祝20回!前田憲男が編曲として参加し、今回初となる3バンド合同演奏を実現。偉大なるビッグバンド界のレジェンドに捧ぐ。グレン・ミラー、ペレス・プラード、デューク・エリントン、ベニー・グッドマン、カウント・ベイシーの名曲を。
日 時 2018年7月7日(土)
開場14時00分 開演15時00分(終演予定17:30)
会 場 文京シビックホール 大ホール [会場地図]
東京メトロ 丸の内線・南北線「後楽園駅」直結 / 都営三田線・大江戸線「春日駅」直結
料 金 S席 6,800円 A席 5,800円 B席 4,800円(全席指定/税込)
※当日券500円up
※未就学児不可
学生ご優待割引き(全席2,000円引き)
※ご入場時に学生証をご提示いただきます。
※数に限りがございます。
※当協会、お電話のみの取り扱いになります。
チケット発売日 JPMAフレンズ・クラブ会員 先行受付期間 4月9日(月)~ 11日(水)
一般発売日:4月16日(月)
チケット発売 日本ポピュラー音楽協会 WEB予約
 TEL 03-3585-3903(平日10時00分~18時00分) FAX 03-3585-3915
チケットぴあ 0570-02-9999 【Pコード:113-785】
 ローソンチケット 0570-084-003 【Lコード:73001】
          0570-000-777(オペレーター対応)
e+
CNプレイガイド 0570-08-9999 
運 営 主催:一般社団法人 日本ポピュラー音楽協会
協賛:株式会社山の上ホテル
協力:一般社団法人 日本ビジュアル著作権協会
お問い合わせ 一般社団法人 日本ポピュラー音楽協会(JPMA)
TEL 03-3585-3903 (平日10:00~18:00) FAX 03-3585-3915
ADDRESS 〒107-0052 東京都港区赤坂1-1-17-910
HP http://www.jpma-jazz.or.jp/ E-MAIL info@jpma-jazz.or.jp
  • 森口博子(MC & Vo)
    '85年「機動戦士Zガンダム」の主題歌「水の星へ愛をこめて」でデビュー。音楽活動と並行し、バラエティ・ラジオ・CM・舞台等幅広く活躍。'91年、「ETERNAL WIND」が初のベスト10入りを果たす。同年から6年連続NHK「紅白歌合戦」に出場。昨年、劇場版「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅳ 運命の前夜」の主題歌「宇宙の彼方で」がGYAOの動画サイトで1位、ハイレゾ配信では4位にチャートイン。近年ではジャズライブにも定期的に挑戦している。


  • 角田健一ビッグバンド
    角田健一(cond., arr. & tb)
    萱生昌樹(sax)/ 鈴木直樹(sax)
    吉本章紘(sax)/ 川村裕司(sax)
    丹羽康雄(sax)/ 田中哲也(tp)
    松木理三郎(tp)/ 鈴木正晃(tp)
    宮本裕史(tp)/ 中路英明(tb)
    滝本尚史(tb)/ 川原聖仁(tb)
    高橋英樹(tb)/ 小山太郎(ds)
    古西ただあき(bs)/ 板垣光弘(pf)
    佐久間和(g)

    1990年結成。レパートリーのすべてを角田が作、編曲、“スイングから武満徹まで”と幅広く、ビッグバンドの魅力を余す事なく表現している。デビット・サンボーン、シカゴ、シャーリー・バッシーなどと共演。CDは9枚、その内3枚は米国シーブリーズレコード社より全米リリース。定期公演は結成時から毎年開催し意欲的な活動は注目に値する。また中、高の学校鑑賞教室も積極的に行いジャズの普及にも力を入れている。2007年、定期公演「もうひとつの武満徹」は平成19年度文化庁芸術祭の優秀賞を受賞。


  • 見砂和照と東京キューバンボーイズ
    見砂和照(leader & cond.)
    ルイス・バジェ(tp)/ 石井 真(tp)
    竹内雄馬(tp)/ 城谷雄策(tp)
    大高 實(tb)/ 早川隆章(tb)
    内田日富(tb)/ 佐々木匡史(btb)
    貫田重夫(as)/ 加塩人嗣(as)
    Hal斉藤(ts)/ 五十嵐正剛(ts)
    武田和大(bs)/ あびる竜太(pf)
    矢野顕太郎(ds)/ 武藤祐二(b)
    納見義徳(bongo)/ 石川 浩(conga)
    斉藤 恵(timbales)

    1949年、見砂直照氏により結成される。東京キューバンボーイズは一躍ラテンバンドのスターダムへと駆け上がる。結成以来、通算300枚以上のアルバムを発表。1982年、キューバ共和国から文化勲章、1983年、日本政府から勲四等旭日小綬賞を授与されるなど、“両国友好の永遠のシンボル”となり、2005年、キューバ政府の招聘公演を期に子息である和照(かずあき)氏が新生「見砂和照と東京キューバンボーイズ」として正式に活動を開始した。2014年は結成65周年を迎え、2015年は新生キューバン10周年を迎えた。


  • 森 寿男とブルーコーツ
    森 寿男(leader & cond.)
    羽毛田耕士 /上石 統 / 篠原国利 / 佐瀬悠輔(tp)
    岩崎敏信 / 内田日富 / 小林 稔 / 渡辺 亮(tb)
    今野菊冶 / 菊地 武(as)
    田辺信男 / 内山正博(ts)
    五十井梧楼(bs)
    池野美音(p)
    小高正志(b)
    阿野次男(ds)

    1946年に発足し、黛敏郎、秋吉敏子等、数多くの有名な音楽家を輩出。1970年、芸大出身の森寿男が三代目リーダーを引き継ぎ、和製グレン・ミラー楽団との誉れも高く、カウント・ベイシー、デューク・エリントンなどの精神とフィーリングも追求し、ビッグバンドの王道を往く心に語りかける暖かいサウンド創りを目標に演奏活動を続けている。今年結成70周年を迎える日本を代表する最古格の名門ビッグバンドである。瀬川昌久著ブルーコーツの歴史を書いた「ジャズに情熱をかけた男たち」ブルーコーツ70年がある。


  • スペシャル・ゲスト:シルビア・グラブ(vo)
    BOSTON大学 音楽学部声楽科卒業。「Jerry’s Girls」(1997年)をはじめ、「I GOT MERMAN」「INTO THE WOODS」「レ・ミゼラブル」「ミス・サイゴン」「三銃士」など数々のミュージカル作品に出演。2009年は話題作の「レベッカ」でダンヴァース夫人役を演じ、第34回菊田一夫演劇賞受賞。2011年三谷幸喜作・演出の「国民の映画」(パルコ劇場他)にて第19回読売演劇大賞 優秀女優賞を受賞。以後「next to normal」シアタークリエにて初主演。三谷幸喜版「ショーガール」「パッション」「紳士のための愛と殺人の手引き」等出演。


※都合により急きょ出演者の変更がある場合がございますのでご了承ください。

■公演に関するお問合せ、最新情報は下記よりご確認ください。
HP: http://www.jpma-jazz.or.jp
Facebook: https://www.facebook.com/japanpopularmusicassociation
Blog: http://ameblo.jp/jpma-jazz/
Twitter: https://twitter.com/jpmajazz
Youtube: https://www.youtube.com/user/JPMAJAZZ