コンサート情報




PDF

2016年4月16日(土)
BIG BAND FESTIVAL 2016 Vol.18
ビッグバンドに挑戦し続ける豪華アーティストたちの二度と実現しえぬ華やかなる饗宴!

開場14時00分 開演15時00分(終演予定17:40)

出演者

本田雅人B.B.Station since 1997 / 角田健一ビッグバンド since 1990 / ゲスト:ラフルアー宮澤エマ(Vo) / エリック・ミヤシロEM BAND since 1995 / スペシャル・ゲスト:デヴィッド・マシューズ / MC & Vo:森口博子


Event Info

公演名 BIG BAND FESTIVAL 2016 Vol.18
ビッグバンドに挑戦し続ける豪華アーティストたちの二度と実現しえぬ華やかなる饗宴!
日 時 2016年4月16日(土)
開場14時00分 開演15時00分(終演予定17:40)
会 場 文京シビックホール 大ホール [会場地図]
東京メトロ 丸の内線・南北線「後楽園駅」直結 / 都営三田線・大江戸線「春日駅」直結
料 金 S席 6,800円 A席 5,800円 B席 4,800円(全席指定/税込)
※当日券500円up
学生ご優待割引き(全席2,000円引き)
※ご入場時に学生証をご提示いただきます。
※数に限りがございます。
※当協会、お電話のみの取り扱いになります。
チケット発売日 JPMAフレンズ・クラブ会員 先行受付期間 10月5日(月)~ 9日(金)
一般発売日:10月13日(火)
チケット発売 日本ポピュラー音楽協会 WEB予約
 TEL 03-3585-3903(平日10時00分~18時00分) FAX 03-3585-3915
チケットぴあ 0570-02-9999 【Pコード:277-625】
 ローソンチケット 0570-084-003 【Lコード:73693】
          0570-000-777(オペレーター対応)
e+
CNプレイガイド 0570-08-9999 
運 営 主催:一般社団法人 日本ポピュラー音楽協会
協賛:TCSホールディングス株式会社 / 株式会社山の上ホテル
協力:一般社団法人 日本ビジュアル著作権協会
お問い合わせ 一般社団法人 日本ポピュラー音楽協会(JPMA)
TEL 03-3585-3903 (平日10:00~18:00) FAX 03-3585-3915
ADDRESS 〒107-0052 東京都港区赤坂1-1-17-910
HP http://www.jpma-jazz.or.jp/ E-MAIL info@jpma-jazz.or.jp

MC & Vo

  • 森口博子

    マルチな才能で多彩に活躍中!芸能活動30周年を迎え、爽やかな笑顔でビッグバンドに彩りを添えます。

    1985年アニメ「機動戦士Zガンダム」の主題歌「水の星へ愛をこめて」でデビュー。音楽活動と並行し、バラエティ・ラジオ・CM・舞台等幅広く活躍。バラエティアイドル(バラドル)と言うジャンルを確立し、幅広い層に支持される。1991年、映画「機動戦士ガンダムF91」の主題歌「ETERNAL WIND」がヒットし、初のベスト10入りを果たす。同年から6年連続NHK「紅白歌合戦」に出場。近年ではジャズライブにも定期的に挑戦している。その経験から、透明感に深みとパワーが増した歌声で、聴く人に癒しとエネルギーを与えている。毎週金曜13時、成田空港第一ターミナルSKYGATEにてbayfm「KISS & SMILE」を公開生放送中。30周年アニバーサリー・シングル「I Wish ~君がいるこの街で~」、TVアニメ「ワンパンマン」ED主題歌「星より先にみつけてあげる」発売中。


若いJAZZリスナーに圧倒的人気を誇る凄腕スペシャリストの集結で圧巻の演奏を!!

  • 本田雅人B.B.Station since 1997

    本田雅人(leader&as)
    鍬田修一(as) / アンディー・ウルフ(ts)
    鈴木 圭(ts) / 山本拓夫(bs)
    ルイス・バジェ(tp) / 佐久間勳(tp)
    田中 充(tp) / 曲輪大地(tp)
    中川英二郎(tb) / 半田信英(tb)
    笹栗良太(tb) / 野々下興一(tb)
    新澤健一郎(pf&key) / 梶原 順(g)
    井上陽介(b) / 則竹裕之(ds)

    1997年、本田雅人がT-SQUARE脱退後、初めて取り組んだプロジェクトがB.B.Station。敢えて特にメンバーを固定せず、幅広い世代のミュージシャンと交流出来る、ビッグバンドの基地のような存在になれたら、という思いを込めて命名された。1997年12月には六本木ピットインにて初ライブを行なう。その模様はライブアルバムとしてリリースされ好評を博す。2010年以降は、初夏の恒例行事としてBLUE NOTE TOKYOにてライブを行なうなど、比較的コンスタントな活動を行なっている。


初登場!!結成25周年を迎えてその実力をアピールし「ビッグバンドよ永遠に!」を掲げ進化するサウンドを!

  • 角田健一ビッグバンド since 1990

    角田健一(cond., arr & tb)
    萱生昌樹(as)/ 鈴木直樹(as)
    吉本章紘(ts)/ 鵜木孝之(ts)
    丹羽康雄(bs)/ 田中哲也(tp)
    松木理三郎(tp)/ 鈴木正晃(tp)
    宮本やすし(tp)/ 中路英明(tb)
    池田雅明(tb)/ 滝本尚史(tb)
    板垣光弘(pf)/ 佐久間和(g)
    古西ただあき(b)/ 小山太郎(ds)

    1990年結成。レパートリーのすべてを角田が作、編曲、“スイングから武満徹まで”と幅広く、ビッグバンドの魅力を余す事なく表現している。デビット・サンボーン、シカゴ、シャーリー・バッシーなどと共演。CDは9枚、その内3枚は米国シーブリーズレコード社より全米リリース。定期公演は結成時から毎年開催し意欲的な活動は注目に値する。また中、高の学校鑑賞教室も積極的に行いジャズの普及にも力を入れている。2007年、定期公演「もうひとつの武満徹」は平成19年度文化庁芸術祭の優秀賞を受賞。


ゲスト・ボーカルには帝劇「Endless SHOCK」や「ラ・マンチャの男」などミュージカル界で大活躍!透明感溢れる美しい声と美貌を兼ね備え、歌で魅せるJAZZ&ミュージカルナンバーを!

  • ラフルアー宮澤エマ(Vo)

    東京都出身。高校までインターナショナルスクールで過ごし、米国・オクシデンタル大学卒業後、日本に帰国。2012年4月より、bayfmのMCとしてレギュラー出演を機に各テレビ局の情報、バラエティー番組で活躍の場を広げる。宮澤喜一元首相の孫娘で、アメリカ人の父を持ち、ネイティブの英語力とパワフルな存在感のある歌声が持ち味。13年11月には「メリリー・ウィー・ロール・アロング~それでも僕らは前へ進む~」(メアリー役、宮本亜門演出)で、念願の初舞台。以降、「シスター・アクト~天使にラブ・ソングを~」(メアリー・ロバート役、山田和也演出)、「Endless SHOCK」(リカ役、ジャニー喜多川作・演出)、「ラ・マンチャの男」、ミュージカル「DOGFIGHT」などに出演。


世界で最も権威あるグラミー賞を受賞しているスーパースター、デヴィッド氏がクリエイトするその全パワーをエリック氏率いる気鋭EMバンドと本邦初!夢の競演を果たす!



  • エリック・ミヤシロEM BAND since 1995

    EM BAND Plays MJO (Manhattan Jazz Orchestra)

    エリック・ミヤシロ(cond&tp)
    鈴木明男(as) / 近藤和彦(as)
    佐藤達哉(ts) / 竹野昌邦(ts)
    つづらのあつし(bs) / 西村浩二(tp)
    木幡光邦(tp) / 佐久間 勲(tp)
    小林正弘(tp) / 中川英二郎(tb)
    佐野 聡(tb) / 鹿討 奏(tb)
    山城純子(tb) / 林 正樹(pf&key)
    村上 聖(b) / 岩瀬立飛(ds)

    世界で最も権威あるグラミー賞を受賞しているスーパースター、デヴィッド氏がクリエイトするその全パワーをエリック氏率いる気鋭EMバンドと本邦初!夢の競演を果たす!
    ハワイ出身の日系三世トランぺッター「エリック・ミヤシロ」をリーダーとして97年に結成されたBig Bandである。メンバーは全員が自己のバンドリーダーとして活躍する中、それ以外にもスタジオワーク、テレビ収録、アーティストの ツアーサポートなどに多数参加している人達ばかりである。ジャズ、Jポップ、ロック、クラシックなどのジャンルを問わずオールマイティーなトップ・プレーヤー達で形成されているBig Bandである。 このEM Bandで演奏される音楽は「ビッグバンドジャズ」という枠を遥かに超越し新しい形の「Big Bandサウンド」として確立している。今までにも東京都内のホールを始め、ライブハウスだけではなく、NHK、CS放送や 更には日本全国 (北海道・青森・岩手・宮城・静岡・愛知・大阪など)でのコンサート出演依頼が殺到している。 今、日本でもっとも注目されているビッグバンドの一つである。


  • スペシャル・ゲスト:デヴィッド・マシューズ

    1942年アメリカ・ケンタッキー州出身。58~60年ルイ・ビル・ミュージック・アカデミーでフレンチホルンと作曲を専攻。シンシナティ音楽院、イーストマン音楽院を経て、70~75年ジェームス・ブラウン・バンドでのアレンジが音楽活動の第一歩となった。75年、Paul Simonの「Still Crazy After All These Years」、76年、The Starland Vocal Band「Afternoon Delight」でグラミー賞を獲得。その後、フランク・シナトラ、ポール・マッカートニー、ポール・サイモン、ビリー・ジョエル等のアレンジを担当し、ジャズ、フュージョン、ポップスと幅広い名アレンジでアメリカ音楽界での地位を確立した。日本においては78年から数々の作品によって日本での知名度を高め、84年に「マンハッタン・ジャズ・クインテット(MJQ)」、89年に「マンハッタン・ジャズ・オーケストラ(MJO)」を結成して以降、その活動の充実ぶりは目を見張るばかり。日本語の会話はもちろん、ひらがな、カタカナ、漢字の読み書きもお手のもの。"熱燗"と"あじのたたき"が大好物で、新宿の"思い出横丁"の常連。趣味はセイリングで、キャプテンハットは彼のトレードマークでもある。


※都合により急きょ出演者の変更がある場合がございますのでご了承ください。

■公演に関するお問合せ、最新情報は下記よりご確認ください。
HP: http://www.jpma-jazz.or.jp
Facebook: https://www.facebook.com/japanpopularmusicassociation
Blog: http://ameblo.jp/jpma-jazz/
Twitter: https://twitter.com/jpmajazz
Youtube: https://www.youtube.com/user/JPMAJAZZ