コンサート情報




PDF

2015年3月19日(木)
ジ・オープリー
~甦るカントリー&ウエスタン~

開場18時00分 開演18時30分(終演予定20:45)

出演者

大野義夫(vo) / 寺本圭一(vo) / ウィリー沖山(vo)(出演予定) / 高木ブー(vo)(特別出演) / 坂本孝昭(vo) / トニー中村(vo) / ヘンリー矢板(vo) / 片山誠史(vo) / ささ木ゆうこ(vo) / 冴樹みずほ(vo) / 坂本愛江(vo) / 山下直子(vo) / 石田美也(vo) / 【司会】[ジャイアント吉田 / 清水峰生] / 【演奏】小寺 八 & スーパー・ピッカーズ[小寺 八(b) / 片桐幸男(g) / 塩崎容正(key) / 森辺浩章(ds) / 尾崎 孝(psg)] / 大江俊幸 & ファー・イースト・ウエスターナーズ[大江俊幸(sg) / 小宮山 隆(b) / ヘンリー矢板(vo) / 北農英則(g) / 野呂尚史(ds)] / 野口武義(eg)


Event Info

公演名 ジ・オープリー
~甦るカントリー&ウエスタン~
日 時 2015年3月19日(木)
開場18時00分 開演18時30分(終演予定20:45)
会 場 渋谷区文化総合センター大和田さくらホール [会場地図]
東京都渋谷区桜丘町23-21 JR渋谷駅西口より徒歩5分 / 駐車場はございません
アクセスのお問合せ:渋谷区文化総合センター大和田ホール事務室
TEL 03-3464-3251
料 金 4,900円(自由席/税込)
チケット発売日 JPMAフレンズ・クラブ会員 先行受付期間 12月8日(月)~ 10日(水)
一般発売日:12月11日(木)
チケット発売 日本ポピュラー音楽協会 WEB予約
 TEL 03-3585-3903(平日10時00分~18時00分) FAX 03-3585-3915
Confetti (カンフェティ)
 TEL 0120-240-540(平日10時00分~18時00分)<
 予約後すぐに、お近くのセブン-イレブンでチケットを受け取れます。
 代金はチケット受け取りの際にセブン-イレブンでお支払いいただきます。
 
運 営 主催:一般社団法人 日本ポピュラー音楽協会
協力:一般社団法人 日本ビジュアル著作権協会
お問い合わせ 一般社団法人 日本ポピュラー音楽協会(JPMA)
TEL 03-3585-3903 (平日10:00~18:00) FAX 03-3585-3915
ADDRESS 〒107-0052 東京都港区赤坂1-1-17-910
HP http://www.jpma-jazz.or.jp/ E-MAIL info@jpma-jazz.or.jp
  • 大野義夫

    法政大学入学と同時に「ウエスタン・ジョリーボーイズ」結成。1957年3月「堀 威夫とスイング・ウエスト」結成時のメンバーに参加。1960年5月7日(土)世界最大のカントリー&ウエスタンの登竜門「グランド オール オープリー」に東洋人として初めて出演、『コロンブス・スタッケード・ブルース』を歌い大喝采浴る。現在は 大野義夫&カントリーメイツを率いてライブ、コンサート、ディナーショー etc で活躍中!


  • 寺本圭一

    昭和8年5月30日、東京生まれ。慶應義塾幼稚舎・普通部・高等部を経て青山学院へ進む。大学在学中よりプロ活動にはいる。【音楽歴】「チャックワゴンボーイズ」、「ワゴンマスターズ」を経て、堀威夫(現ホリプロ会長)氏と共に「スウィングウェスト」を結成。後に「寺本圭一&カントリージェントルメン」を作り、第1回ウェスタンカーニバルから最多出演を記録。テネシー州ナッシュビルで開催されるCMAファンフェアには、数回出場、好評を得る。1991年、カントリーミュージックの世界組織、CMA(カントリー・ミュージック・アソシエーション)より日本人として初めての特別賞を受賞する。2000年、カントリー生活50年を迎え、総決算としてコンサートをヤクルトホールにて開催する。2003年、古希を記念してヤクルトホールにて5月30日(金)コンサートを開催した。2004年、ホテル・プレジデント青山にてBirthday Dinner Showを開催。2007年9月、脳梗塞で倒れ、2ヶ月ほど休養。2008年、快気祝い+Birthday Dinner Showを開催し、大成功。現在復帰活躍中。【ライブ活動】六本木アロハステーション、辻堂ステージコーチ、他。【その他】テレビ(NHKときめき夢サウンド、他)、ラジオ、コンサート、ディナーショーなど。テレビドラマ挿入歌やCMソング[明治製菓(カール/初代)、サントリー(はちみつレモン)、フジサワ(ノイビタエース)]など制作。1930年代より最新のカントリーヒット曲の他、フォークソング、ロカビリー、ポップスなど2,000曲以上、日本カントリー界随一の幅を誇る。2013年、再びCMAより特別賞を受賞。


  • ウィリー沖山(出演予定)

    セント・ジョーゼフ在学中よりプロとして活躍。カントリーボーイズ、ウエスタン・ランブラーズ、チャック・ワゴンボーイズを経て、自分のバンド、ブルーレンジャーズ結成。ビクターよりヨーデルの名曲「スイスの娘」でレコードデビュー。キャンプ、クラブ、ラジオ、テレビで活躍しポピュラーシンガーとしての地位を固める。「タモリの音楽は世界だ」、「夜も一生けんめい」など音楽番組に加え、「おれたちひょうきん族」(セミレギュラー)などのバラエティ番組に至るまで、様々なメディアで露出。近年も「さんまのからくりTV」、「タモリのジャングルクッキング」、「題名のない音楽会」、NHK BSスペシャル「声の極楽 ワンダーボイスの秘密」、NHK教育TV「うたっておどろんぱ」 と変わらぬ美声を披露。現在は、世界一周クルーズやホテルのディナーショー、コンサート出演を中心に活躍。横浜伊勢崎町のワシントンホテルでは毎月月末にディナーショーを開催中。ソフトで端正なルックスと人柄の良さで、多くのファンを魅了しつづける。


  • 高木ブー(特別出演)

    東京府東京市豊島区巣鴨出身。「ザ・ドリフターズ」、「こぶ茶バンド」のメンバーである。中学3年生のとき、兄から贈られたウクレレに熱中し、中央大学経済学部在学中には音楽研究会に所属し、先輩の谷啓と巡り合う。大学卒業後、高木智之の芸名でプロとなり、「高木智之とハロナ・セレナーダス」、「高木智之とハロナ・リズム・コーラス」、「ニュー・フレッシュメン」、「ジェリー藤尾とパップ・コーンズ」、「ロジェ滋野とシャドーズ」のバンドマンとして米軍キャンプ等で演奏。ザ・ドリフターズに加わってから現在の芸名となる。ハワイアン・ミュージックに造形が深く、現在はウクレレ奏者としても活動している。愛用のウクレレは、四弦と八弦のダブルネック。


  • 坂本孝昭

    63年ジミー時田とマウンテン・プレイボーイズに参加。その後、大野義夫とカントリー・メイツ、原田実とワゴンエース等を経て、ローバーズを結成。69年ビクター・グリーンシティ・レーベル第1弾LP“アイ・ウォーク・ザ・カントリー”にてレコード・レビュー。シングル・レコード“大いなる旅へ・・・コロナ”が世界中のテレビで放映。2003年読売・日本テレビカルチャースクール“カントリーウエスタンを歌おう”の講師を務める。現在、小寺 八 & スーパーピッカーズと共にライブ・コンサート等で活躍中。


  • トニー中村

    名門、法政大学カントリーレンジャースのメイン・ボーカルとして活躍。幼少の頃からカントリーに親しみ、レパートリーの広さには定評がある。大野義夫&カントリーメイツ、原田実&ワゴンエース等のバンドを経て、平成元年にトニー中村 & ザ・ステート・サイダースを結成。現在は原宿「クロコダイル」や「目黒リトルテキサス」にも毎月レギュラー出演している他、数々のライブハウスやホテル、イベント、アメリカ軍施設などで活躍中。


  • ヘンリー矢板

    栃木県出身。若い頃は主にコロムビア・レコードで演歌、歌謡曲中心にアレンジの仕事をする。並行して弾き語りをしながら店を始める。カントリー界との接点はジャズの花岡詠二氏との出会いからはじまる。ジミー時田氏を紹介され、教えを乞い弟子入りする。現在、バンドとともに、ライブハウス、イベント等で活動している。


  • 片山誠史

    昭和51年9月20日生まれ、神奈川県茅ヶ崎市出身。子供の頃からベーシストの父の影響でカントリーを聴いて育つ。93年ムッシュかまやつ氏プロデュースの下、BMGビクター(当時)よりデビュー。97年に『The Little Strait Band』を結成。99年に解散後、ソロとして活動。ライブハウスやイベント等を中心に活動している。またラジオのパーソナリティーやイベント制作活動も精力的に行っている。


  • ささ木ゆうこ

    宮崎県大崎市出身。カントリー・ミュージックの本場であるアメリカ・テネシー州ナッシュヴィルを訪れ、「The End Of The World」のスキーター・デイヴィスのデイナーショーに共演し、歌唱力を評価されSISSYの名前をもらう。客船のにっぽん丸、ふじ丸にて南太平洋、香港クルーズなどのメインショーを行う。1994年にはフォースト・アルバム「愛する貴方へ」を発売。2006年には時代を超えて歌い継がれる曲をモットーに制作した「ときをこえて」を発売。現在、ライブ、各種イベント、客船でのライブ・ショーを行っている。


  • 冴樹みずほ

    アメリカンポップス出身。RFラジオ日本にてパーソナリティーを務める。北九州スペースワールドのテーマを録音。岡本章生とゲイスターズのコンサートに出演。2000年、1st「MISTRESS」録音。2006年、2nd「月の滴」録音。銀座山野楽器・インディーズ部門1位記録。ライヴハウス、学園祭、企業パーティ、ブライダル、レストラン等でライヴ中心に活動中。


  • 坂本愛江

    カントリーシンガー坂本孝昭を父にかつて吉田拓郎と共に初期エレックレコードのシンガーとしてスカウトされた母朱由美子の娘として誕生した東京出身のカントリーガール。2014年から4年間カルフォルニア在住、帰国後活動を再開。初アルバムをナッシュビルにて制作、のち2年連続オクラホマのフェスに招待される。ナッシュビル国際空港でのステージも経験、国内においてもフジロック、カントリーゴールドにも出演を果たしている。


  • 山下直子

    現在はカントリーを中心にポップス、オリジナルを織り交ぜてコンサート、イベント出演など、自身のバンドStraight Shooterと共に活動中。11歳の頃から、日本テレビ音楽学院にて歌唱とダンスの指導を受け、ザ・バーズのメンバーとして「紅白歌のベストテン」、「24時間テレビ」等に出演。16歳からドラマ「太陽にほえろ!」、「妻たちの課外授業」、情報番組「ドーナツ6」、「オールナイト・フジ(2期生)」、「海賊チャンネル」レギュラー等、タレント活動を経て、1991年、ロカビリー歌手・山下敬二郎と結婚。共に音楽活動を続ける。


  • 石田美也

    スチ-ルギター奏者の父・石田新太郎の影響でカントリーに親しみ、立教女学院中高では聖歌隊、大学時代は早稲田大学演劇倶楽部に参加。1992.93年にTennessee州Nashvilleで開催されたInternational Country Music Fan Fair Luncheon Showに出演。「石田新太郎とシティライツ」のリードボーカルとして都内ライブやコンサートで活躍。2013、14年音楽劇「高橋和也のハンク・ウイリアムス物語」でハンクの妻オードリーを演じた。


司会

  • ジャイアント吉田

    ジミー時田とマウンテンプレイボーイズでデビュー。当時のメンバーはギター&ボーカル:ジャイアント吉田、ベース:いかりや長介、ギター:寺内タケシ。その後「いかりや長介とザ・ドリフターズ」として活動。この時のメンバーは、いかりや長介、ジャイアント吉田、小野ヤスシ、猪熊虎五郎、飯塚文雄、加藤茶。昭和41年、ドンキーカルテットを結成。メンバーはジャイアント吉田、小野ヤスシ、猪熊虎五郎、飯塚文雄でした。コミックバンドとして一世を風靡。有名曲はバナナボート「こんげつぁ足りない♪借りねばならぬ♪荒井さんとこのゴムホース♪」。また催眠術師としても有名。現在でも、銀座NashVilleで毎月第2火曜日、新宿Lone Star ★ Cafeで毎月第4水曜日にライブを演ったりと精力的に活躍中。


  • 清水峰生

    1938年東京生まれ。日本大学芸術学部卒業。小林隆とブルー・ハワイアンズ、山口軍一とルアナ・ハワイアンズ、白石信とナレオ・ハワイアンズなど、多数の有名バンドを経て、現在も第一線のプロ・ミュージシャンとして活躍中。“コルゲン”の愛称で親しまれる。スパリゾートハワイアンズ付属常磐音楽舞踊学院の講師を40年以上に亘って務めているほか、新宿三丁目のハワイアン喫茶「布哇庵(はわいあん)」のオーナーである。


演奏

  • 小寺 八 & スーパー・ピッカーズ

    小寺 八(b)
    片桐幸男(g)
    塩崎容正(key)
    森辺浩章(ds)
    尾崎 孝(psg)

    カントリー界のベテラン・ベーシスト小寺八がリーダーのカントリー・バンド。高度なテクニックに裏付けされた音楽性、カントリー・ヴォーカリストを強力にサポートする。老舗銀座ナッシュビル(カントリー・ライブハウス)の常連バンド。カントリー・ミュージック・シーンには欠かすことのできないバンドである。


  • 大江俊幸 & ファー・イースト・ウエスターナーズ

    大江俊幸(sg)
    小宮山隆(b)
    ヘンリー矢板(vo)
    北農英則(g)
    野呂尚史(ds)

    野口武義(eg)

    スティールギター奏者・大江俊幸(ムッシュ大江)率いるこのバンドは、ハンク・ウィリアムズやジミー・ロジャースをはじめ、アラン・ジャクソンやジョージ・ストレイト、そしてカウボーイ・ソングと幅広いレパートリーを持ち、またベテランらしい力強い演奏で、聴くもよし、ダンスもよしです!


※都合により急きょ出演者の変更がある場合がございますのでご了承ください。
※「ジ・オープリー」は故小野ヤスシ氏が主催した名称をご遺族から承認を受けて使用させて頂きました。

■公演に関するお問合せ、最新情報は下記よりご確認ください。
HP: http://www.jpma-jazz.or.jp
Facebook: https://www.facebook.com/japanpopularmusicassociation
Blog: http://ameblo.jp/jpma-jazz/
Twitter: https://twitter.com/jpmajazz
Youtube: https://www.youtube.com/user/JPMAJAZZ