コンサート情報


PDF

2013年12月12日(木)
Sing For You
ジャズ・ヴォーカル・フェスタ 2013

開場:18時00分 開演:18時30分〜21時30分(予定)

出演者

総勢25名によるヴォーカリスト(五十音順):藍 ひろこ|井上久子|海老原しのぶ|遠藤さや|小川幸子|沖田陽向子|Keiko Heart|駒形早苗|佐藤マサノリ|佐野亜利亜|沢村まみ|志方リナ|清水美恵|田口よしの|戸坂純子|中村泰子|BOHDI SATORI|舞月しえな|松平幸子|マレーネ|MITSUKO|深山エダ|Milky|有希九美|吉本ひとみ|スペシャル・ゲスト:加藤久仁彦(狩人)|演奏:上里知巳カルテット [上里知巳 (p)|谷 源昌 (b)|八木秀樹 (ds)|川村裕司 (sax)]|司会:蓮見のりこ


Event Info

公演名 Sing For You
ジャズ・ヴォーカル・フェスタ2013
ジャズは世界共通の音楽です。エンターティナーとは日本語に訳すと「おもてなしの人」です。第1回の記念公演に、ジャズをこよなく愛するエンターティナーがカラフルでビューティフルなスタンダードナンバーをそれぞれのスタイルでおとどけします。ジャズが沢山の人たちに親しまれ口ずさんでいただけるように願いを込めて唄います。
日 時 2013年12月12日(木)  開場 18:00 開演 18:30
会 場 渋谷区文化総合センター大和田さくらホール [会場地図]
東京都渋谷区桜丘町23-21 JR渋谷駅西口より徒歩5分 / 駐車場はございません
アクセスのお問合せ:渋谷区文化総合センター大和田ホール事務室
TEL 03-3464-3251
料 金 前売4,500円 当日4,900円(自由席/税込)
JPMAフレンズ・クラブ プレミアム会員(個人・法人)10%割引き
チケット発売日 JPMAフレンズ・クラブ会員 先行受付期間 10月15日(火)~18日(金)
一般販売10月19日(土)
チケット発売 ◎日本ポピュラー音楽協会:TEL 03-3585-3903(平日10:00~18:00)
             WEB予約 http://www.jpma-jazz.or.jp/
◎Confetti(カンフェティ):TEL 0120-240-540(平日10:00~18:00)
             WEB予約 http://confetti-web.com
運 営 主   催:一般社団法人 日本ポピュラー音楽協会(JPMA)
企画・協力:MT企画
協   力:一般社団法人 日本ビジュアル著作権協会
お問い合わせ 一般社団法人 日本ポピュラー音楽協会(JPMA)
TEL 03-3585-3903 (平日10:00~18:00) FAX 03-3585-3915
ADDRESS 〒107-0052 東京都港区赤坂1-1-17-910
HP http://www.jpma-jazz.or.jp/ E-MAIL info@jpma-jazz.or.jp

スペシャル・ゲスト


総勢25名によるヴォーカリスト

  • 藍ヒロコ

    JAZZを武蔵野音楽学院にて学ぶ。ジャズボーカルを清水秀子氏に師事。クラシック・オペラの発声法を高橋楽子.S・レーマン氏に師事学ぶ。97年、NewYorkに短期留学し、マンハッタンにてライブを行う。また、ゴスペル聖歌隊にも参加。帰国後、オリジナル曲のコンサートを労音会館にて行い、好評を得る。現在は、ジャズ、オリジナル、POPS曲など幅広く歌い、SATIN DOLL等にてライブ活動を展開中。


  • 井上久子

    5月5日、朝日とともに生まれる。幼少よりピアノ、クラシックバレエ、歌の稽古の日々。コロムビアの児童合唱団に所属し、参加したレコーディング数は100回を超えた(らしい)。高校~大学時代は、ロックに目覚めいくつかのバンドでドラムを担当するも、お茶の水女子大学で舞踊系を専攻。現在、都内を中心に多くのジャズバーなどで活動中。ジャズボーカルをマリアエヴァと金丸正城に師事する。


  • 海老原しのぶ

    東京都出身。NY遊学後名古屋でプロとして活動。呼吸・発声を故・木下武久氏に師事。94年上京後、17年間新所沢スワンのボーカルジャムセッションを主宰。各地の教室で後進の指導にも尽力し、スタンダード愛好者の裾野を広げている。スイング感と自在なボーカルスタイルはジャズボーカルの王道を行く実力派と共演者からの声は多い。


  • 遠藤さや

    17歳のときにヴォーカル募集をきっかけに、ロック系のバンドで歌い始める。バンド活動を通してジャズ・ミュージシャンとの出会いをきっかけに、Jazz、BOSSANOVAを歌い始める。間もなくクラブで聴いたジャズ・ヴォーカルに強烈な感動を受け、ヴォーカリストを志す。現在、関東を中心に、ジャズクラブ・ホテルラウンジ・パーティー・イベント・野外ライヴやディナーショー等、意欲的に活動している。


  • 小川幸子

    新潟県出身。故 八城一夫氏の薦めでピアノからボーカルへ転向。その後、村上京子氏、平賀マリカ氏より基礎を学び現在、関東中心のライブ・スポットの出演。ソロ活動の他、コーラス・デュオ、豪華客船のメイン・ショー。黒人ゴスペル・シンガーと共に婚礼披露宴に参加、タレントのコーラス、スタジオ・ミュージシャンの経験もありミュージックアカデミー東京のボーカル講師で音楽指導と幅広く音楽活動に注いでいる。


  • 沖田陽向子

    大学在学中、ミュージカル映画好きの両親の影響で、幼少から親しんでいたミュージカルの世界を目指し、本格的にレッスンを開始。劇団を経て、フリーで舞台、レビューショーなど様々なパフォーマンスステージを経験する傍ら、2011年にジャズ・シンガー、中本マリと出会う。そして、その歌声や人柄に感銘を受け、入門。現在、師事を仰ぎながら、聴く人の心に残るジャズ・シンガーを目指して邁進中。


  • Keiko Heart

    「人の心に溶ける歌」を信条に、聴き手と感動を分かち合う、Heartのこもったシンガーでありたい。都内・横浜のジャズ・スポットやホール・イベントを中心に活動。六本木STB、銀座十字屋ホール他。第29回浅草ジャズ・コンテスト・ソロボーカル部門ファイナリスト。2012年にCD「チュニジアの夜/ 君を、ずっと、忘れない。」を全国リリース、2014年2月頃、フルアルバム発売予定。


  • 駒形早苗

    7才からピアノを始め、9才の頃よりクラリネットを中村二大氏(中村八大氏の兄)に師事。
    中学、高校と東邦音楽大学付属で学び、後に東邦音楽大学クラリネット科に進学。卒業後プロとして本格的に活動を始め、歌唱を細川綾子氏に師事。数々のライブ、イベント活動を経て現在に至る。歌とクラリネットによる異色なステージ・スタイルは、高い評価を得ている。現在、ホテル、レストラン、ライブハウスと活躍の場を広げている。


  • 佐藤マサノリ

    ハリウッドでジャズボーカルを習得、帰国後に酒井潮、村田浩等バップ系バンドで活動。初来日のマーサエリントンオーケストラと共演、それを機に79年森寿男とブルーコーツオーケストラの専属歌手、北村英治オールスターズなどで活動、94年日本ジャズボーカル賞を受賞。90年代に入りプロデューサーとして戦後ジャズの記録に取り組み数々の名盤を制作。2010年のブルーコーツ65周年記念コンサート出演を機に歌手復帰。


  • 佐野亜利亜

    高校・大学でジャズ研に所属。ピアニストの故山川浩一氏に師事した後、1995年より首都圏各地でライブ活動を始める。ホテルでのディナーショーや各種イベントへの出演、インストラクターとしての活動などを多彩に展開し、現在に至る。ともに演奏するミュージシャンの音と一体になって、言葉(歌詞)をいかに“ジャズ”として表現するかを追求し続けている。


  • 沢村まみ

    音大卒業後、グループサウンズ「沢村和子とピーターパン」で日本コロムビアからデビュー。その後、ソロシンガーとして独立。歌とエンターテインメントの勉強のため、渡米し、大人のシンガーとしての魅力をさらにパワーアップ。TV、ラジオ、CMで活躍、レパートリーもスタンダード・ジャズからラテン、ポップスまで、幅広い。なかでも、ミュージカルの主題歌など、スケールの大きな歌は、ステージを華やかに盛り上げる。


  • 志方リナ

    6年前都内・横浜でポップス、JAZZを歌い始める。マイケル・ジャクソンの元バックダンサー、ユーコ・スミダ・ジャクソンにダンスを師事。ダンスしながら歌うスタイルを得意とする。Beat it、Thriller等マイケル・ジャクソン曲の持ち歌30曲。マイケル関連イベント出演多数。ジャズ+マイケルで六本木サテンドールにも出演中。母、志方もとこと2013年7月サテンドールにて11回目の母娘ライブ開催。


  • 清水美恵

    テレビ、FM等に出演、東京ビックサイト、大型ショッピングモールでのイベントMC、新日本フィルハーモニー交響楽団のメンバーと語り読みで共演。「レクサス」のオープニング・セレモニーからレクサス・コンサート等、「清水美恵☆音楽は心のサプリメント」を定期的に開催。舞台等で女優や朗読ライブの活動の傍らライブスポットで朗読と音楽のコラボ&ヴォーカルライブ出演。新しいスタイルのアーティストとして注目されている。


  • 田口よしの

    小学生時代に児童合唱団で歌うことの楽しさを知る。NHKの番組などにソロとしても出演。 現在は金丸正城、マーサ三宅より指導を受けながらサテンドールなどの都内ライヴハウスで活動。女性だけのジャズバンド・ザクラーズのヴォーカル担当で様々なパーティーなどでも活躍。今年はラジオでもオリジナル曲が流れた。昨年はジャパンジャズヴォーカルジャンボリーにデビュー、引き続き今年も出演。


  • 戸坂純子

    フェリス女学院ピアノ専攻在学中に、ピアニストとして活動。卒業後は、弾き語りとしてホテル、レストランを中心に活動。ヴォーカルを志し、細川綾子氏に師事。その後、評論家寺島靖国氏の出会いによりライブ・デビュー。2007年〜2009年、FM新潟“Morning Jazz”のパーソナリティーを務める。2009年、新潟県観光特使に任命される。2012年、ゴスペル&ジャズアルバム“Your Songs”をリリース。


  • 中村泰子

    山口県岩国市出身。学生時代から作詞作曲などの制作活動をする傍ら、ロック、ポップス、ジャズ等、あらゆるジャンルの曲を歌い、広島を拠点とし、西日本にプロとしての演奏活動を開始。2000年、初の自己CD「歌集~a buquet」を発表。2002年、活動の拠点を関東に移し、現在は都内ライブハウス、ラウンジなどで活動し、ボーカル教室でジャズ・ボーカルの指導も行っている。


  • BOHDI SATORI

    17才からニューヨークでジャズを肌で感じる青春時代を過ごす。ジャズの根底にあるブルースフィーリングの「人生の悲しみさえも笑い飛ばす」強さに深く感銘。サトリという名前は歌の道で悟りの境地へという願いから。ボゥディは梵語で悟りという意味です。ソングライターとしても活動中。去年発表のオリジナル曲「炎の鳥」はマイスペースで世界ジャズチャート1位に!新曲「涙を知らない人魚」も近日発売予定。


  • 舞月しえな

    リズム感と個性的な歌唱が評判を呼んでいる“舞月しえな”。都内の一流ジャズ・スポットに活動の場を広げている。OLから転身、下積みから経験し勉強を積み、そのころから応援しているファンも多い。不屈の精神と成長ぶりが皆に勇気と希望と笑いを与えている飼育キャラ的歌手である。今後どのように成長するのか未知の魅力が楽しみな注目株である。座右の銘:三匹の子豚のレンガの家


  • 松平幸子

    歌って踊れる薬剤師メディカルジャズシンガー♪中学・高校と作曲家、乙田修三先生に師事。数々の歌番組で入賞。コロムビア・レコード全国縦断オーデション、文化放送「スター君だ!」、ミスセブンティーン等全国大会出場。88年ミス百万石に選ばれる。小曽根実氏、伊藤君子氏等との出会いにより東京・大阪・京都・福岡ジャズハウスで活躍。コラムニスト、女性労働協会認定講師でもあり健康セミナー講演後歌を披露し活躍中。


  • マレーネ

    短大英文科卒業後、国際特許事務所の外国部で勤務する傍ら、ジャズスクールの「ショービジネス科」に通い、ジャズ理論や歌唱法、ステージパフォーマンスの基礎をトータルに学ぶ。ホテルでのディナーショーをはじめ、コンサートやイベント等、華やかな舞台で順調にキャリアを積んでいる。2010年、CD「Sophisticated」リリース。2011年、Jazz Day記念ボーカルコンテスト特別賞受賞。


  • MITSUKO

    滋賀県長浜市出身。18歳よりLIVEデビュー。ヤマハのポプコン&LMC全国大会受賞によりレコード・デビュー。85年、交通事故に遭遇。生死をさ迷い、復活後上京。JAZZ、J-POP、歌謡曲のCDを全国リリース。LIVE・コンサート・ラジオ・TV音楽番組等に出演。オリジナル制作の他、レーベルMITSUKOの代表として、企画&プロデュースも手掛ける。人の魂に潤いとパワーと感動をモットーに歌手活動中。


  • 深山エダ

    10代よりファッションモデルとして数々のファッションショーに出演し、テレビ番組のレポーターやカバーガールとしても活躍。84年から麻布十番にてバー「la poche」を経営。96年より沢田靖司氏に師事し、ジャズ・ヴォーカルのレッスンを開始。99年にライヴ・デビュー後、海外アーティストとの共演を果たす。豊かな人生経験を想わせる説得力、NY仕込みの音楽表現でスタイリッシュなシンガーを目指している。


  • Milky

    武蔵野音楽大学・声楽科卒。ブルーノ=ペラガッティ客員教授に師事。日本音楽著作権協会所属のシンガーソングライター。日本航空国際線C/Aで勤務の傍らジャズを学ぶ。FMのパーソナリティをはじめ、テーマ曲なども制作。Joy Soundでオリジナル曲「春風に頬を打たれて」「野良猫」配信中。また、日本赤十字協会国際会議などでタイ語通訳を務めるタイ文化講師。ウェブ検索は「ミルキー」「タイ」で。


  • 有希九美

    役者として、翻訳劇・時代劇・ミュージカル・TV・映画と幅広く活動。シンガーとして、78年、最年少ゲスト歌手で日劇MHに出演。その後、ホテル・ライヴハウス等で活動。日比谷シャンテ・サロン・コンサート・渋谷JZ Bratは11年連続出演。ジャンルに拘らず、トークで笑わせ、歌で泣かせ老若男女問わず支持される。近年では舞台の企画・制作も手懸け、昨年の作・演出『ビョーキで 陽気な 女たち』は好評を得た。


  • 吉本ひとみ

    幼少期にはピアノを習い、20代では三重県赤目四十八滝クイーンに選ばれる。20代後半でJazz理論、英語圏音楽を学び始める。Jazz・BossaからWorld Popsまで幅広く歌い、短期渡米を繰り返しながら中部・関西・福岡と広範囲で活動中。09年に1stアルバム「The Good Life」を発売。第10回Jazz Day・日比谷公会堂フェスティバルにて「殊勲賞」を受賞。


演奏

  • 上里知巳カルテット

    上里知巳 (p)
    谷 源昌 (b)
    八木秀樹 (ds)
    川村裕司 (sax)


※都合により急きょ出演者の変更がある場合がございますのでご了承ください。

■公演に関するお問合せ、最新情報は下記よりご確認ください。
HP: http://www.jpma-jazz.or.jp
Facebook: https://www.facebook.com/japanpopularmusicassociation
Blog: http://ameblo.jp/jpma-jazz/
Twitter: https://twitter.com/jpmajazz
Youtube: https://www.youtube.com/user/JPMAJAZZ